SEO対策について(検索上位に表示させるために)

googleやyahooで検索したときに、上位表示されなければ、せっかくホームページを作ったかいがありません。検索上位に表示させるために必須ともいえる設定をお伝えします。

【XMLサイトマップの作成】

XMLサイトマップというものを作っておけば、googleの検索ロボットがより効率的にサイトを見つけてくれます。今回はwordpressのプラグインでサイトマップを作成する方法をお伝えします。(wordpress以外の環境でも簡単に作ることができますので、ネットで調べてみてください)

  • 「プラグイン」で「sitemaps」と検索し、「Google XML Sitemaps」を「今すぐインストール」→「有効化」する。

【google search consoleの設定】

  • google search consoleのサイトにアクセスします。
  • 「プロパティを追加」→登録サイトを入力→「追加」を選択します。

  • 1~4を実施後、「私はロボットではありません。」にチェックを入れて、「確認」を実施してください。(3の手順はftpソフトを実施して、アップロードしてください。私が利用しているXサーバーを利用している場合は、対象ドメインの「public_html」以下に配置します。そのときに、ファイル名が正しいことを確認してください。複数ダウンロードしてしまった場合はファイル名(2).htmlとなっている場合があります。)

  • 以下画面が表示されれば、登録完了です。

  • 続いて、XMLサイトマップを「google search console」に登録します。「google search console」を開いて、対象ウェブサイトを選択します。

  • 「ダッシュボード」→「サイトマップ」を選択します。

  • 「サイトマップの追加/テスト」を選択します。

  • テキストボックスに「sitemap.xml」と入力して、「テスト」を実行して「エラーは見つかりませんでした」のメッセージが確認出来れば。「送信」を選択してください。

※Wordpressのプラグイン「Google XML Sitemaps」でサイトマップを作成した場合は「sitemap.xml」というファイルは実体ではなく、プログラムが動的に作成しています。

  • 「送信」後、ブラウザの表示更新をすると以下の画面が表示されます。登録直後はステータスが「保留」となります。

  • しばらく時間経過してから、再度確認し、インデックスに登録済みが「-」になり、グラフが表示されれば登録完了です。

【googleアナリティクスの登録】

サイトへのアクセスを解析するためにgoogleアナリティクス(google analytics)の登録を実施します。

  • googleアナリティクスのサイトに移動します。
  • 「アカウントを作成」を選択後、自分のgoogleアカウントでログインして、「お申込み」を実施してください。
  • アカウント作成に必要な情報を入力して「トラッキングIDを取得」を選択してください。ウェブサイトのURLは今回作成したサイトのURLを入力してください。

  • トラッキングIDをクリップボードにコピーして、自分のコードのソースコードに貼り付けます。ソースコードの</head>直前に貼り付けます。Wordpressの場合は各テーマのheader.phpにヘッダー処理がまとめられていますので、header.phpの</head>直前に貼り付けます。

  • 自分のサイトを開いた状態で「google アナリティクス」の管理画面→「リアルタイム」→「トラフィック」のページ真ん中らへんを開き、アクティブユーザが1人となっていれば、正常に設定できています。(設定に失敗している場合は0人となります。)

※自分のスマホからもアクセスしてみると2人となります。自分のサイトが公開されていると考えるとわくわくしますね(^^)

以上で設定終了となります。

コメントはお気軽に!足跡を残したり、適当に雑談したりしてね!

メールアドレスが公開されることはありません。