【人狼殺12人村モード 狐・霊能追加】 妖狐の勝利条件+人員構成+霊能者の能力 セオリー占い師左占い・ゾーン占い・フルオープン

人狼殺に12人モードが追加されましたね。

狐が第3勢力として追加されたのですが、勝利条件は「人狼サイドか村人サイドのどちらかが勝利条件を満たした時に、狐が生きていれば狐の勝利となります。」(狐が勝利した場合は、人狼、村人はともに敗北となります。)詳しい説明をしているサイトはこちら。狐は人狼に噛まれても死なないため、「吊る」、「呪殺(狐は占われると死ぬ)」、「ハンターによる発砲」のいずれかで殺すしかない。

12人モードでは、

人狼:3人
狐:1人
村人:4人
占い:1人
霊能:1人
狩人:1人
ハンター:1人
狂人:なし

となります。

霊能の能力は「昨日吊られた人が人狼か否かを知ることができる」です。詳細はこちらのサイトを参照。

【以下12部屋の情報】

  • 9人モード同様に「連ガ」は不可のようです。
  • 9人モードでは「占い師は自分の左を占う」がセオリーになりつつありますが、たくまさんによると、12モードでは極力これをセオリーとするのをやめてほしいということです(禁止ではない)。(理由:初日に占い師が左隣を占って、左の人が狐だった場合に、もし左占いがセオリーとなってると、翌日その占い師のCOの真目がかなり上がってしまう。)
  • 12モードではフルオープンを提案する村人陣営も多い。フルオープンとは、狩人以外、役職COすること。これにより、占い師による無駄な占いを減らすことが出来る。狐探しも絞りやすくなる。(狩人はCOしてしまうと、狼に狙われるので、COしない。)
  • 狂人がいないので、人狼から見て真占い師を把握しやすい。しかし、人狼が占い師を噛んでしまうと、狐を呪殺できなくなるので注意が必要。
  • 初日に占い師が狐を占った場合は、狐が遺言で狐COすることを推奨しているルームが多い。[初日に狐が死んだ時のみ](人狼の初日噛みを禁止しているルームが多いので、初日噛みでないことを証明するため。)
  • 通常、人狼で妖狐の居る村では、PET進行やゾーン占いなど、高度の戦略が必要とされるみたいです。ゾーン占い解説サイトはゾーン解説1ゾーン解説2

【人狼殺でのゾーン例】

12人村では「真占い師CO1名(A)」、「狼または狐の偽占い師CO1~2名(B)」となるケースが多い。ゾーンは村有利の発言なので、たとえば、Aが「奇数を占います。」と提言したとする。そうなると、信頼を得たいBは偶数を占うことを強いられる。人狼殺において、翌朝2名が同時に死ぬケースは「人狼による噛み」、「占いによる狐の死亡」が同時に起こった場合のみである。これにより、仮に翌朝亡くなった2名が両方とも奇数番号の場合、Aが真となる。

※余談だが、人狼と占い師が夜に同じ狐を対象とした場合、狐は翌朝死んでいるが、死因を勘違いする可能性がある。(死んだのが村人か狐か分からないため。)

 

↓人狼村に現れるキャラ濃い人たちを図鑑にまとめてます。

【人狼殺 キャラ濃い選手権!】リアル強(狂)キャラ図鑑まとめ・キャラ濃さ ステータス おもしろいユーザ一覧 ランキング

キャラ濃い図鑑

コメントはお気軽に!足跡を残したり、適当に雑談したりしてね!

メールアドレスが公開されることはありません。